当サイトはネット上、主に5ch(5ちゃんねる)や2ch.sc、twitter等で話題のニュースや芸能情報、アニメ・ゲーム情報を画像や動画を交えて紹介するまとめブログです。

    images
    1: 2020/01/15(水) 20:04:17.81 ID:J30vTP4p0
    ABC社長 M-1敗者復活ルールの変更も 視聴者投票から審査員導入可能性
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200115-00000098-dal-ent

    また、和牛が勝ち上がった敗者復活戦については、視聴者投票というルールに「著名なコンビやトリオが有利。当日の面白さがどこまで反映されるか」などと疑問の声が上がった。
    山本社長は「すべて視聴者投票にするのではなく、審査員を入れてもいいかもしれない」と敗者復活戦の“改革”の可能性を示した。

    【【朗報】M-1グランプリ敗者復活、今年から人気投票ではなく審査員制に変わる可能性【和牛】】の続きを読む

    1: 2020/01/14(火) 13:08:46.75 ID:h5lj1of70
    https://togetter.com/li/1455157

    東條のと@新人歴史系VTuber @Ayukawa_Reiji
    中田敦彦のYouTube大学で学んだこと
    ・国民党と共産党が清朝を打倒しようと動いていたところに日本が攻め込んできて日中戦争だか日清戦争だかになった
    ・関東軍は満洲事変で張作霖を爆殺した
    ・満洲事変は日本が中国本土へ侵略するための自作自演
    ・第二次国共合作は薩長同盟、張学良は坂本龍馬

    Kan Kimura @kankimura
    これはこれまで見たどの答案よりもすごいかも
    学生さんの答案と似ているのは、全体の流れが全くわかっていないのに、細かい個別の史実や人名を入れようとするので、ますますめちゃくちゃになってしまっているところ。
    本人は部分点を取りに来てるつもりが、その行為により、わかっていないことがばれて、単位まるごと失っている形。

    dragoner@4日目西て02a @dragoner_JP
    中田敦彦のYouTube大学、まあTLの評価が散々なんで怖いもの見たさに見てみたんですが、事実関係以前に日本語の解説として成立しているかも怪しいレベルで驚いた。
    というのも、中田は終始カメラではなくカメラの横にあるカンペに目線合わせて早口で読むだけで、理解せずに話していると思われるから

    dragoner@4日目西て02a @dragoner_JP
    中田敦彦いわく、「ドイツがポーランドを落とすと速攻でフランスに行った」らしい。HOI2でもやったことねえぜ

    dragoner@4日目西て02a @dragoner_JP
    ナポレオン戦争の大陸封鎖令と混同しているのかもしれないが、
    中田敦彦のYoutube大学によると、独ソ戦開戦経緯は、「ヒトラーがロシアと一緒にイギリスを攻めようとしたが、ロシアに怪しい動きがあったのでドイツがロシアを攻めた」というもので、
    これソ連先制攻撃計画論まで含んでいないか

    【【悲報】オリラジ中田、『YouTube大学』の世界史の解説が「間違いだらけ」で炎上へ……】の続きを読む

    このページのトップヘ