当サイトはネット上、主に5ch(5ちゃんねる)や2ch.sc、twitter等で話題のニュースや芸能情報、アニメ・ゲーム情報を画像や動画を交えて紹介するまとめブログです。

    20190808-kekkondekinaiotoko_full
    1: 2019/11/28(木) 22:06:53.28 ID:nIFRKK/h9
     11月26日、阿部寛主演のドラマ『まだ結婚できない男』第8話が放送され、視聴率が8.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが分かった。

     2006年に放送され、最高視聴率22.0%を記録した大ヒットドラマ『結婚できない男』の実に13年ぶりの続編となる同作。前評判はかなり高かったものの、視聴率はここまでの平均で9.4%と“大苦戦”している。その理由は、やはりキャスティングにあるようだ。

     主人公の桑野信介(阿部寛)のヘンクツぶりは相変わらず。前作で桑野のアシスタントを務めていた村上英治(塚本高史)は引き続き出演しているが、ヒロインたちは一新され、弁護士の吉山まどか(吉田羊)、カフェの雇われ店長・岡野有希江(稲森いずみ)、マンションの隣人・戸波早紀(深川麻衣)などが登場している。

     第8話は、塚本演じる英治と桜子(咲妃みゆ)との結婚エピソードが中心の内容。恩人である桑野に主賓としてスピーチをお願いしたい英治に対し、桜子は桑野のことが嫌いで呼びたくない様子も見せるなど波乱含み。しかし、英治は桑野以外にスピーチは考えられないと主張する。

     とはいえ、性格が性格だけに「ありきたりなお祝いメッセージなど話すわけがない」「ロクなことにならない」などと周囲は反対。見かねたまどか(吉田)が原稿を引き受けることに…というストーリーだった。

     ネット上では前作のファンを中心に、ハラワタ煮えくりかえりの気持ちが爆発。

    《桑野さん結婚式来るの?って来るに決まってるじゃん何言ってんのこの女は》
    《英治よ、こんなん嫁にしていいんか?》
    《仮にも上司に、結婚式来るの?はないわー。この女、ホントにキライ。モブキャラ、もっとどうにかならんかったか》
    《職場結婚みたいなもんなのに桑野を呼ぶのー??とかこの女常識ないのかと》

     などと、咲妃みゆ演じる桜子に非難殺到。また、吉田羊、稲森いずみ、深川麻衣に対しても、
    《感じ悪いな女ども》
    《会って2カ月の人を結婚式に呼ぼうともスピーチの相談しようとも思わない、そんな仲良くならないし、女子会もしない》
    《何の共通点もないのに桑野の悪口だけのために集まってる女たちみたいで本当不快》

     などと、かなりの評判の悪さだ。

     残りの回はあとわずか、もはやファンが喜ぶ結末を迎えることはなさそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2095731/
    2019.11.28 21:30 週刊実話

    【『まだ結婚できない男』視聴率大低迷“戦犯”に吊るし上げられた女優たち…】の続きを読む

    EKbd61YVUAEpiF7
    1: 2019/11/28(木) 20:11:59.78 ID:NMc22gi19
     2006年にデビューし、「ノリボケ漫才」と呼ばれる独自のスタイルで一躍人気者になったお笑いコンビのハライチ。ボケでネタ作りを担当する岩井勇気氏、ツッコミ担当の澤部佑氏ともに多才で、ソロ活動の多いコンビとしても知られるが、とりわけ岩井氏は、バラエティー番組で他の芸人がわざとらしく騒ぐさまを“お笑い風”と評するなどの言説で、お笑い界の中でも独自のポジションを確立。最近は、著書『僕の人生には事件が起きない』(新潮社)を上梓し、増刷を重ねるなど活躍の幅をますます広げている。

     そんな岩井氏、一般的な芸能人のイメージに反して、大勢の人が集まるパーティーや飲み会はかなり苦手とのこと。中でも、なるべく行かないようにしているのが同窓会だという。なぜ岩井氏は同窓会に行かないのか。お笑い界きっての「若き異才」が語る人間関係論は、無意味な飲み会や会合に辟易している全国の会社人にとっても大いに参考になる。

    (聞き手は鈴木信行)

    ―まずは岩井さんと同窓会の関わりからお聞きしたいんですが、同窓会への参加に消極的になったのはいつ頃からですか。

    岩井:高校時代には中学の同窓会が始まり、20歳を過ぎると高校時代の同窓会が開かれるようになりましたが、最初の頃は参加していました。ただ、同窓会が開催される頻度が高いんですよね。半年~1年に1回はありました。

    ―そんなに。ご出身の埼玉県上尾市の土地柄なんでしょうかね。

    岩井:それだけ頻度が高いと、毎回同じことの繰り返しになる。近況報告と過去の思い出話……と、出てくる話題も毎回同じなわけですよ。近況報告といっても半年前にやってるわけですからアップデートされる情報なんてほとんどない。さすがに「もういいでしょ」ってなってくる。それに、同窓会というのは「みんなが集まる場所」ですから、学生時代に仲がよくなかった人も当然、来る。

     で、よく考えたら、学生時代に仲がよかったやつとは別に同窓会なんかなくても普段からそれなりに会ってるわけだから、「同窓会=仲がよくなかったやつにわざわざ会いに行く場所」ということになる。そんなの10年に1回でいいのでは。毎年、会いたくない人に無理に会いに行く必要なんかない、という話になりません?

    ―なるほど(笑)。さすが。

    ●「毎回同じところで笑う人々」に恐怖

    岩井:じゃなんで、同窓会にわざわざ行く人がいるのか。学生時代のお調子者の男子が毎回同じようにはしゃぎ、それを見た女子が「またあいつ、馬鹿やって!」と笑う。しかも毎回、同じところで笑う。僕はむしろ怖い。それの何が楽しいのか、と。

    ―(笑)。

    岩井:たぶん若い時期から同窓会に頻繁に参加する人は、まず、「学生時代の楽しさのピークを更新できていない人たち」なんだと思います。学生の頃の思い出にずっと縛られているんじゃないかな。「今が本当に楽しい人」は、同窓会に頻繁に顔を出し、何度も何度も同じ思い出話なんてする必要もないし暇もないでしょう。

    ―ハライチは2009年にM-1グランプリの決勝に進出されてブレークしていくわけですが、その前後で同窓会への距離感は変わりましたか。

    岩井:普通は、芸人としてテレビに出始めたわけですから、むしろ同窓会に行きたいと思うようになるのかもしれません。が、僕の場合はますます行きたくなくなりました。

    ―同窓会がマンネリ化しているから、「たまには岩井も参加して盛り上げてくれよ」みたいな誘いもない?

    岩井:今はほとんどないですね。ただ一方で、考えてみると、卒業後間もなく開かれた若い時の同窓会と、ある一定の年齢、例えば30歳を超えて開かれた最近の同窓会では、自分が「行きたくないな」と思う理由も変わってきたように思います。

    >>2以降に続きます

    11/28(木) 6:00配信 日経ビジネス
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191128-60292542-business-life&p=1

    【ハライチ岩井「同窓会はただのマウントの取り合い」】の続きを読む

    no title
    1: 2019/11/27(水) 07:03:34.66 ID:WJ0yxXJq0
    今フジモン「で、でも可愛いから…」(震え声)

    10年後フジモン「む、昔は可愛かったから…」


    かわいそう

    【結婚当初フジモン「やったー!可愛いギャルと結婚したぞぉおおおおおーー!!!」】の続きを読む

    このページのトップヘ