no title
1: 2019/08/18(日) 00:35:18.86 ID:NuZNeSr8M
https://news.livedoor.com/article/detail/16941374/

 「(小説を)書く時間は、子供を保育園に預けたり、夜に寝かしつけたときしかなくなった。家事もあります。だから時間が貴重だと思えるようになったし、(家族と過ごす時間が)いい気分転換にもなりますよ」

 15年前、史上最年少の19歳で芥川賞を受賞した。受賞作はベストセラーとなり、同時受賞の金原ひとみ(当時20歳)とともにメディアの脚光を浴び、一躍、文壇のシンデレラに。

 ところが、下積み経験がまったくないままのデビューは、やがてプレッシャーとなってのし掛かる。書かなきゃ、と思って夜に執筆すると、
昼間の講義は眠たくてしかたがない。昼夜逆転の生活が続き、もうふらふら。勉強も仕事も恋愛もうまくいかなくなった。

 「すべてに元気がない。太陽を浴びないような生活だから当然ですよね」

 書けないスランプは大学卒業後4、5年間も続く。

 「書いてもボツになったり、話がまとまらない。インタビューなどでは『違うジャンルの作品にチャレンジされるのですか?』なんて聞かれるから、そのうちに何が書きたいのか、自分でも分からなくなって…」

 吹っ切れたのは、「読者を『感動させよう』と“狙う”のではなく、自分が書けるもの、自分が面白いと思ったものを書くしかない。それで読者に楽しんでもらえるようになればいい」と思えるようになったからだ。

 そして6月末、ずっと「書きたかった」テーマの新作を上梓できた。

 大人の女性同士の狂おしい恋愛を描き、話題沸騰の『生(き)のみ生(き)のままで』(集英社)である。

10: 2019/08/18(日) 00:37:23.76 ID:weixHrsT0
芥川賞て大概消えてるやろ

19: 2019/08/18(日) 00:38:40.92 ID:ZpScVWdWa
>>10
純文学ってジャンルが閉じた世界過ぎる

12: 2019/08/18(日) 00:37:30.23 ID:4lrwxOBm0
>>書けないスランプは大学卒業後4、5年間も続く。

その間どうやって食ってたの?

22: 2019/08/18(日) 00:39:25.49 ID:m0e7Hxkxa
>>12
印税マン

25: 2019/08/18(日) 00:39:56.67 ID:4lrwxOBm0
>>22
そんなに印税あったのか

48: 2019/08/18(日) 00:42:47.90 ID:XsLHUcHO0
>>25
インストールが累計70万部蹴りたい背中は単行本だけで80万部くらいすぐ売れて累計130万部とかやで
余裕すぎる

55: 2019/08/18(日) 00:43:35.29 ID:4lrwxOBm0
>>48
そんなに売れてたのか

20: 2019/08/18(日) 00:38:51.26 ID:f1Q9G1aS0
勝手にふるえてろってタイトルはすこや

31: 2019/08/18(日) 00:40:55.46 ID:tQwq3QaKa
非凡な凡人と平凡な非凡の同時受賞

34: 2019/08/18(日) 00:41:11.79 ID:SJvpqQ5S0
デビュー作は本当に描きたいものが詰まってるってのが一般的やもんな

42: 2019/08/18(日) 00:42:03.33 ID:XsLHUcHO0
芥川賞取ってスーパースターになって70年代80年代90年代00年代10年代全てで傑作書いてる村上龍ってやっぱりヤベーやつなんやな

そら当時の芥川賞作家や評論家ぶったまげるわ

111: 2019/08/18(日) 00:50:00.80 ID:tfV+y39Bp
>>42
賛否両論あったけど限りなく透明に近いブルーの時点で吉行淳之介、大江健三郎、中上健次、埴谷雄高、小島信夫、柄谷行人、三浦まさしが絶賛してるしな
わりとマジでモノが違った

132: 2019/08/18(日) 00:52:03.48 ID:uNnnLvuu0
>>42
じゃない方の村上すこ

44: 2019/08/18(日) 00:42:25.98 ID:XtGGwY9D0
芥川賞とかいう顔出し強制でその後鳴かず飛ばずな罰ゲーム

90: 2019/08/18(日) 00:47:55.76 ID:n4Pi5Sp30
>>44
あれって純文学?言われてるものだから芥川賞の看板なかったら売れないよな
直木賞は受賞前から売れてるは多いかもしれんが芥川賞は受賞後からしか売れない気がする

124: 2019/08/18(日) 00:51:20.72 ID:rtT5inZl0
>>90
実際今はどっちも新人賞みたいなもんやで

62: 2019/08/18(日) 00:44:21.43 ID:n4Pi5Sp30
森博嗣「書きたいものなんて最初からないのですが…ビジネスだから書くだけです」

男作家の方がさっぱりしとるか

70: 2019/08/18(日) 00:45:30.84 ID:5wLGplcb0
勝手に震えてろは映画化されたやん
売れたかしらんけど

98: 2019/08/18(日) 00:48:38.74 ID:tfV+y39Bp
村上龍「山下澄人の小説はつまらない、選考会でも賛同者の意見は具体性を欠いていた、なんの熱情もないままとりあえずの受賞となった」

村上龍「又吉氏の小説は最初の三ページほどを読んでこのまま同じトーンで続いたら酷く退屈と思った、すぐに退屈だと思うような文体・感性だからだ、案の定最後までこの調子で続いた」

村上龍「今回は低調だった、中村文則をはじめワイドショーで語られる表面的な社会問題をリーダビリティをあげた文章で書いているだけだった」

この頃の選考委員帰ってこい

113: 2019/08/18(日) 00:50:32.00 ID:SzVwgGqv0
選考員が無能ちゃうの

162: 2019/08/18(日) 00:55:23.53 ID:CbutJ5reH
>>113
選考委員も大概やからな
直木賞やけど宮城谷とか年々文章下手くそになってんのに選考委員やからな

237: 2019/08/18(日) 01:01:08.84 ID:Z19FXnU0a
>>162
三国志は書くべきじゃなかったな

129: 2019/08/18(日) 00:51:51.15 ID:6w8S0GOX0
純文だし売れない←これ言い訳だよな
フランスでのウェルベックみたいに社会やマスコミが注目せざるを得ない話題作書けば話題にはなる
書けないだけ

139: 2019/08/18(日) 00:52:44.19 ID:sx1/AyFu0
古市が2作連続で候補になって2作とも選評委員からボロクソなの草生える

183: 2019/08/18(日) 00:56:44.35 ID:sx1/AyFu0
西村賢太
羽田圭介
又吉

メディア出演だとここが3トップやな

218: 2019/08/18(日) 00:59:39.50 ID:Pxr4VKUU0
実際読みにくいからな
ジャンルとしては芸能やなくて芸術扱いやからなおさら
又吉の作品エンターテイメントとして読みやすいから純文学ちゃうやん言われてまうぐらい

222: 2019/08/18(日) 00:59:48.30 ID:GHrTWOG00
純文学ってなんか普通に生きてれば友人や知人の誰かが経験してそうな感じの本ってイメージしかないわ

結局架空のキャラクターを題材にした私小説みたいなもんちゃうの?

ぶっちゃけそこら歩いてる人数十人捕まえてみればよっぽど波乱万丈に満ちた面白い話が聞けそうやから
わざわざ純文学を読もうと思わんわ

SFのが面白くない?

232: 2019/08/18(日) 01:00:38.10 ID:sx1/AyFu0
>>222
文章を楽しむもんやろ

324: 2019/08/18(日) 01:06:25.50 ID:Z96fFBzI0
>>222
社会問題を提起していたり「現実的だからおもしろい」って人もおる(割合はたぶんそっちの方が多い)

SFは「実現可能性の全くないフィクションなんか読んでどうなるの、象牙の塔どころかオタクの妄想じゃん」って思われる

SFなのにヒットした日本沈没は戦後社会の日本人の不安というか日本社会もきちんと描いていたからヒットした

229: 2019/08/18(日) 01:00:31.66 ID:q4uQWbED0
太宰治「ワイが川端に頭下げても貰えんかった賞を…」

233: 2019/08/18(日) 01:00:43.04 ID:k4ceutoC0
日本で売れてる作家は東野圭吾って認識で止まってる

240: 2019/08/18(日) 01:01:19.96 ID:9WWfHRN+0
あんま本読まない蹴りたい背中読んだけど若い女の日記みたいで凡やったわ

283: 2019/08/18(日) 01:04:12.41 ID:NW504Gkh0
少なくとも最近の芥川賞はその瞬間話題になってその後すぐ消えるイメージだな
受賞作がたまたま時流に合ってるだけなのか

266: 2019/08/18(日) 01:02:53.37 ID:1KTjO9qsa
太宰が川端を脅迫しても取れなかった賞をガキやら芸人やらが取る時代

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1566056118/