当サイトはネット上、主に5ch(5ちゃんねる)や2ch.sc、twitter等で話題のニュースや芸能情報、アニメ・ゲーム情報を画像や動画を交えて紹介するまとめブログです。

    芸能

    no title
    1: 2019/01/12(土) 09:40:32.88 ID:t7wSx8vnM
    「2.2%ですよ……。この数字が明らかになったとき、フジテレビ全体に衝撃が走りました。いくらなんでも低すぎですよ」

    フジテレビで働く放送作家が青ざめた顔で話すのは、1月1日の18時から3時間にわたって放送された正月特番『ニッポンよ! セカイを倒せ! フジヤマ 日本のNo.1VS 世界のNo.1』の平均視聴率についてだ。

    「つい先日伝えられたのですが、2.2%しかなかったんです。正月のゴールデンの特番で、この数字は絶対ありえません。
    こんな数字では、大金を投じたスポンサーも激怒しますよ。フジテレビの局内でも、いま大問題になっています」(前出の放送作家)

     1月1日のフジテレビといえば、かつては『新春かくし芸大会』をゴールデンタイムに放送してきた。同番組は1980年に48.6%の視聴率を叩き出すなど、常時30%を記録したお化け番組。
    2000年頃から低迷期に入り、2009年に一桁台の視聴率しか稼げなくなったため、2010年の放送を最後に番組の歴史を閉じている。その同じ枠での“2%台”は、今回の『フジヤマ』が初めてとなる。

    『フジヤマ』は、坂上忍(51)、山崎夕貴アナ(31)、永島優美アナ(27)をMCに、海外のNo.1プレイヤーと日本のNo.1プレイヤーをさまざまな競技で対決させようという内容の番組。

     今回の番組では「フィギュアスケート」「シンクロナイズドスケーティング」「天才キッズシンガー」など五つの競技で対戦する模様を放送。
    スタジオゲストは新木優子(25)、木村多江(47)、新川優愛(25)、高橋英樹(74)、羽田美智子(50)、細川たかし(68)、山崎育三郎(32)、山下健二郎(33)という面々をそろえた。

     さらに、肝心の「No.1プレイヤー」の人選にも問題があったと前出の記者は話す。

    「フィギュアスケート対決の日本代表は小塚崇彦(29)と安藤美姫(31)でした。ですが小塚といえば、昨年末に不倫スキャンダルが発覚したばかり。
    妻である元フジテレビアナの大島由香里(34)の妊娠中に不倫相手を自宅に連れ込んだのがバレ、離婚に向けた話し合いになっています。当然、フィギュアファンも総スカン。
    このタイミングで、正月番組に小塚を起用してしまったフジテレビには、“呪い”が降りかかったということでしょう」(同)

     視聴率惨敗は「必然」だった!?

    2019.01.10 07:10 週刊大衆
    https://taishu.jp/articles/-/62857?page=1

    【【悲報】フジテレビ、正月特番が視聴率2.2%で衝撃走る 】の続きを読む

    no title
    1: 2019/01/11(金) 19:12:16.02 ID:CCkqFHbOM
    モデルのローラ(28)が10日、インスタグラムを更新し、ゾウの密猟と象牙製品の流通禁止を訴えた。
    ローラは以前から、ネット上で出回っていたアフリカゾウの親子の動画を投稿した。無邪気に鳥を追いかけ回していた子ゾウが滑って転び、母親ゾウがすぐに近寄ってくるというもの。

    「このゾウの動画はすごく心があたたかくなる ゾウはすごく頭がよくて自分の姿の絵を筆を使って描くゾウもいて、
    人間と同じ感情をもっていて大切なものを失った時の心にポッカリと穴が空く感情や悲しみがあると涙を流したり、怒ったりもするんだ」と、ゾウという生き物の「特殊性」を紹介した。

    ゾウはリーダーを筆頭に母系集団を形成して生活する。動物の中でも高い知能と記憶力を誇り、仲間のゾウが死ぬと、
    その場を離れずに涙を流したり、銃を持った密猟者に遭遇すると子ゾウを中心に輪になり、必死に守る様子が映像などで伝えられている。

    ローラも「そして長い年月たっても、愛する者をずっと忘れない感情もあるの」と、こうした人間に近い一面を称賛した。

    「『森の庭師』とも呼ばれていて森の中の親植物から遠く離れたところにタネを運ぶ凄く重要な役割を果たしていて
    何千年にも渡って沢山の木を植えてきたんだ」と、ゾウのふんによって、熱帯雨林の維持にも一役買っていることを指摘した。

    そんなゾウだが、アフリカを中心に、象牙を狙った密漁被害が止まらない。テロリストが貧困エリアの地元住民を利用し、銃器を与えて、陸から空からゾウの集団を追跡。
    護衛するレンジャーと銃撃戦になり、毎年死傷者が出ている。「スーパータスカー」と呼ばれる立派な牙を持つ巨大なオスゾウも少なくなった。

    現在、国際的に保護を求める声は高まっており、英国のヘンリー王子(34)らが懸命に活動に力を入れている。
    一方、日本の立ち位置は微妙だ。象牙は古くからハンコなどに使われ、国内取引を禁止していないからだ。

    実際、元貴乃花親方の長男で靴職人兼タレントの花田優一(23)は昨年10月、ブログで「象革の靴」と写真を紹介し「めちゃくちゃかっこいい。象は今狩ることはだめなのでめちゃ高い革になってるんです いつか作ってみたいな」とコメントした。
    法の緩い日本を経由して、象牙市場を閉鎖している中国など、アジア諸国への流通を招いている現状もある。

    ローラは「いまは密猟によってゾウの数がすごく減ってきているんだ。どうか象牙製品を買う人がすくなくなりますように」と訴えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000020-tospoweb-ent

    【【悲報】ローラさん、今度はゾウの密漁と象牙の流通禁止を訴える 】の続きを読む

    no title
    1: 2019/01/11(金) 10:19:38.53 ID:MPgwZW350
    三重県立久居高スポーツ科学コースのクラスで3年間、ずっと一緒だった。「めっちゃ仲良くて、ずっと一緒に話してるくらい。
    素顔のさおちゃんは…皆さんがテレビで見るまんまです」。小中学校時代、元西武の岡本篤志投手(37)とバッテリーを
    組んだ経験もある野球部の主砲に、吉田さんは恋をした。一途(いちず)に想い、6回告白した。そして…6回フラれた。
    「断って、気まずくなって、また仲良くなって、の繰り返しでした。周りは『付き合ったらえーやん』って言うし…」

     「ごめん」の理由は、恋愛対象外だったからではない。「レスリングの邪魔になっちゃいけないと思いましたし、さおちゃんは
    すぐ金メダリストになって有名人になると分かっていました。自分が付き合うような人じゃないって」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000007-sph-soci

    【吉田沙保里さんを6回フッた男、「ごめん」の理由に一同驚愕… 】の続きを読む

    d63bfb58
    1: 2019/01/10(木) 19:07:12.97 ID:Z6B4a7i+p
    S 中川家 有吉弘行
    A 爆笑問題 岡村隆史 ダイアン
    B オードリー 極楽とんぼ 霜降り明星
    C おぎやはぎ 空気階段 ココリコ 伊集院光 アルコ&ピース
    D かまいたち ハライチ 三四郎 柳原可奈子
    E 山里亮太 よゐこ 和牛 うしろシティ ガレッジセール
    F バナナマン 四千頭身

    【現在のお笑い芸人ラジオ面白さ格付けwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ