当サイトはネット上、主に5ch(5ちゃんねる)や2ch.sc、twitter等で話題のニュースや芸能情報、アニメ・ゲーム情報を画像や動画を交えて紹介するまとめブログです。

    映画・ドラマ

    1: 2017/11/20(月) 10:35:29.66 ID:7w397p2h0HAPPY
    JASRAC(日本音楽著作権協会)が、来春から洋画に使われている音楽の使用料について徴収方法を改める方針を示したことが、
    波紋を広げている。
    現在は上映時に「1本18万円」の定額制だが、将来的には興行収入(興収)の1~2%にする意向で、事実上の大幅値上げ。

    興収の2%になれば、「タイタニック」(国内興収262億円)だと音楽使用料が約5億2400万円にもなる。
    映画館や配給会社の負担が大きく、入場料の値上げにつながる恐れもある。

    https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/business/mainichi-20171118k0000e040276000c.html

    【【悲報】 映画業界「JASRACさんに上納金払うから料金値上げするンゴ…」 】の続きを読む

    thumb_85f94847-42b5-4ebb-8f27-31c84ce0cdc4
    1: 2017/11/18(土) 08:01:12.03 ID:CAP_USER9
    11月15日、Hey!Say!JUMP山田涼介(24)主演の映画『鋼の錬金術師』(以下『ハガレン』)のジャパンプレミアが、東京・TOKYO DOME CITY HALLで行われた。
    主演の山田はもちろん、キャストの本田翼、ディーン・フジオカ、蓮佛美沙子らが勢ぞろいし、会場に華を添えていた。

    同作は、2001年~10年まで「月刊少年ガンガン」(スクウェア・エニックス)で連載されていた同名マンガを原作とした映画。
    単行本は全27巻発売されており、累計発行部数は6,100万部を記録する大ヒット作だ。国内のみならず、
    海外にも熱狂的なファンを抱えている作品とあって、『ハガレン』の実写映画化が発表された際には、さまざまな反応が上がっていた。

    そんな中行われたジャパンプレミアだったが、終了後には参加したファンがネット上に“酷評レビュー”を続々と投稿。
    「『鋼の錬金術師』ジャパンプレミア行ってきました。見終わったあと号泣でした、クソ映画すぎて」「舞台あいさつはとても楽しかった。
    でも映画の内容が……原作ファンは見ないほうが吉です」「キャラクターの性格・設定を改悪してて胸糞悪かったです。
    二度と見たくありません」という厳しい感想が多い。

    実写映画化が発表されてからというもの、『ハガレン』の原作ファンからは反発の声が多く上がっていたが、入場者特典が原作者の荒川弘氏による
    「描き下ろし特別編コミックス」だと発表されると、さらなる炎上が。
    実写映画に反対していた原作ファンも、「描き下ろし特別編コミックスを手に入れたい」という人は多い。
    しかし、コミックスを手に入れるためには映画を見なくてはならない……といったループが生まれてしまい、
    「このやり方は、原作ファンへの嫌がらせ」「映画を見たくないのに見なきゃ特典がもらえないとか、最悪だ」と、ブーイングの嵐となっていたのだ。

    そんなことも影響したのか、10月31日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)では、『ハガレン』の映画前売りチケットの売れ行きが芳しくないと報道されていた。
    同誌によると、生田斗真主演の映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』、
    嵐・二宮和也主演の映画『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』の3分の1程度の売れ行きとのことで、かなり苦戦を強いられていることがわかる。
    なお、興行通信社が発表した「全国映画動員ランキング」によると、『先生!~』は初登場5位、『ラストレシピ~』も初登場3位と、いずれも厳しい滑り出しであった。

    『ハガレン』ジャパンプレミアでは、同作がヒットした場合には「“続編”が作られる可能性もある」といった旨の発言もあったとか。
    12月1日に全国ロードショーが迫っているが、はたしてファンにはどう受け止められるだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1377014/
    2017.11.18 07:23 デイリーニュースオンライン

    【【悲報】Hey!Say!JUMP山田涼介『鋼の錬金術師』が酷評の嵐らしいwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ