当サイトはネット上、主に5ch(5ちゃんねる)や2ch.sc、twitter等で話題のニュースや芸能情報、アニメ・ゲーム情報を画像や動画を交えて紹介するまとめブログです。

    ビートたけし

    1: 2019/11/20(水) 08:31:25.30 ID:ok/Q0QdQ9
    2018年3月末にオフィス北野を退所したビートたけし。
    その騒動の渦中を収めた音声が流出し、週刊新潮が報じている。

    当時社長だった森昌行(現代表、つまみ枝豆)をビートたけしの自宅兼事務所で取り囲んだ「糾弾会」が行われた。

    「糾弾会」が行われたのは2018年2月11日で、ビートたけしが退所すると発表される1か月前(発表は同年3月14日)。

    音声は一部聞き取りにくい部分もあるが、ハッキリ聞こえるのは森昌行が「殿自身が経営には……」と言いかけたところでビートたけしが「オイ、刀出せ」と激高する。

    音声が変えられてわからないが周りの人がそれを見て叫びながら「やめてよ」と止める音声も確認できるが更にビートたけしは「なめてんじゃねーぞ、コノヤロー」と詰め寄っている。

    「あなた、あなた本当にやめて」という女性の声も聞こえるが、それに耳も貸さず「てめぇ、いい加減にしろよ、コノヤロー」と怒りが収まらないビートたけし。

    少し落ち着いたビートたけしは「普通だったら、軍団もお前半端じゃねえぞ。お前、いいか? こんな、お前30年も騙され続けて、最後の最後にこのザマだぞ。この汚さ。見たか。え? 株もみんな返せよ」とここで音声は終わっている。

    詳しくは11月20日発売の週刊新潮で報じられるという。

    no title

    2019.11.19 23:55 ゴゴ通信

    https://www.youtube.com/watch?v=gGxN6kr8tgU


    Outrage - Main Theme

    https://www.youtube.com/watch?v=UfTCosMoXwA


    Violent Cop (その男、凶暴につき) Soundtrack- Main Theme

    https://www.youtube.com/watch?v=zlcQrejk2Pg


    【アウトレイジ ビヨンド】コノヤロー特集

    http://mikiki.tokyo.jp/mwimgs/b/d/350
    no title

    【【悲報】ビートたけしが森社長をつるし上げる音声が流出 たけし「オイ、刀出せ」「なめてんじゃねーぞ、コノヤロー」】の続きを読む

    1: 2019/11/13(水) 17:13:57.11 ID:5ZyiYN+y9
     昨年の事務所独立騒動につづき、今年6月には糟糠の妻との離婚が明らかになるなど、ビートたけし(72)の「異変」が立て続けに取り沙汰されている。
    背景には、現事務所の取締役で18歳年下の愛人・横井喜代子氏(仮名)による“洗脳”があるとされる。たけしの運転手を務めてきた人物が、実名で告発する。

     ***

    「私は7月30日にたけしさんの運転手を辞めました。殿をロールス・ロイスの白いファントムに乗せて仕事現場に送迎することも、もうありません」

     と証言するのは、2010年に弟子入りし、翌年6月から今年7月までの8年間、たけしの運転手を務めてきた石塚康介さん(41)である。石塚さんは、横井氏のパワハラによって
    自律神経失調症を患ったとして、彼女と事務所の「T.Nゴン」を相手に、1000万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。

     13年にたけしが横井氏と出会って以降、スタイリストやマネージャーなど、多くの人がたけしの元を去って行った。

    「今回、私がこうして声をあげることで、彼女に苦しめられながらも沈黙せざるを得なかった人たちが、私に続いてくれたらなと思っています。そして世間の人に、
    殿を変えてしまった彼女の真実を知ってもらえれば幸いです」

     石塚さんによれば「横井さんは『自分の思うがまま』にならないと気がすまない」。たけしの仕事に口を出すようになったほか、オフィス北野のマネージャーや
    タレントの給料を調べ、“あなた会社に金を取られているだけなんじゃないの”とたけしに吹き込むこともあったという。

     運転手を務めていた石塚さんも、横井氏の監視下に置かれることに。待機や連絡の指示など、過剰なまでの“管理”がなされ、

    「事務所で待機していてやることがなかったので、ロールス・ロイスの給油に行こうとすると、それを横井さんが防犯カメラで監視していて、すぐに電話してきて
    『私に連絡してから行け』と言ってきたことも」

     深夜の連絡、休日であっても待機を強いられるといったパワハラ行為は加速。我慢の限界を迎えた石塚さんは、横井氏と口論になったことをきっかけに、
    辞意を告げる。その場にはたけしも同席していたが、「殿は終始無言でした」。

     橋本マナミに嫉妬し“共演NG”にした――など、横井氏の「真実」をつぎつぎと明かす石塚さん。11月14日発売の週刊新潮でくわしく報じる。

    「週刊新潮」2019年11月21日号 掲載

    新潮社

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191113-00592630-shincho-ent

    【ビートたけしの年下愛人、パワハラ被害で提訴 “殿の元運転手”が実名で告発】の続きを読む

    no title
    1: 2019/05/15(水) 06:55:40.04 ID:YpT1UOuhp
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00000164-dal-ent
    ビートたけしが16日、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」に出演し、開催中のサッカーW杯について安住紳一郎アナから意見を求められ、「インチキの固まりみたい」と酷評した。

    安住アナウンサーがスペイン対ポルトガル戦を振り返り、ポルトガル代表のC・ロナウドがフリーキックを決めたことについて、たけしに「フリーキックを決めるってどんな気持ちでしょうね」と意見を求めた。

     たけしはしばらく沈黙した後、「サッカー見てると、ひっくり返ったやつがわざとらしく痛がって、全然ペナルティーをとられないと普通に立ち上がって走ってるから」と選手の中にはフリーキックを狙ってわざと転ぶ者がいると指摘。

     「泣き叫んでたのに。インチキの固まりみたい。何回もやると反則なんでしょ」と話していた。

    【ビートたけし「サッカーってインチキ臭くねーか?わざと痛がってよぉ」】の続きを読む

    no title
    1: 2019/03/17(日) 10:24:08.54 ID:v7KEpAjDa
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-00000047-sph-ent
    たけしは「いだてん」で、落語家の古今亭志ん生を演じており、瀧容疑者とは直接の共演シーンはない。
    しかし14日にロケを行った際「現場で『どうも、ピエール瀧です』て言ったら、全員引いちゃって。
    ディレクターなんか『やめてください』って。徹夜、徹夜で編集し直しているみたいで
    プロデューサーも鬼のような顔をしてにらんでいた」と明かした。
    編集作業で、現場はギリギリまで追い込まれているようだ。

    【ビートたけし「どうも、ピエール瀧です」いだてんスタッフ「やめてください!(怒」 】の続きを読む

    このページのトップヘ