当サイトはネット上、主に5ch(5ちゃんねる)や2ch.sc、twitter等で話題のニュースや芸能情報、アニメ・ゲーム情報を画像や動画を交えて紹介するまとめブログです。

    ボブスレー

    1: 2018/02/11(日) 03:50:30.72 ID:x7/GTElmd
    no title

    no title

    210: 2018/02/11(日) 04:14:44.14 ID:yPvokoUkd
    なお>>1でプレゼンした時の細貝さんの態度


    細貝氏 12年夏に大田区産業振興協会に頼んでランダムに社長を集めてもらいました。
    図面をテーブルに並べて「参加できる会社は図面を持って帰ってくれ」と頼みました。オリンピックを目指してこの地域を盛り上げていこうと話した後に「ただでやってくれ」と言った後に、多くの社長が図面をテーブルに置きました。
    結局、参加した40社のうち27社が図面を持ち帰りました。持ち帰った27社の中にも、先代の社長に儲けにならないものをやるなと言われたと返却してきた若手社長もいました。

    https://mainichi.jp/articles/20160107/org/00m/010/042000c
     
    うんち!w

    240: 2018/02/11(日) 04:16:55.15 ID:oE60Z9lna
    >>210
    細貝が一番金儲けに執着してるという皮肉

    【【悲報】下町ボブスレーさん、ガチで映画化するつもりだった模様…】の続きを読む

    1: 2018/02/10(土) 13:24:03.91 ID:dgkqWdy60
    下町ボブスレー2号機、敗れる 「五輪で国産ソリ」の苦闘と葛藤

    東京都大田区の町工場が集まり、来年のソチ五輪で使うボブスレーのソリを作る――。
    注目を集めたプロジェクトだったが、残念ながら採用には至らなかった。
    だが、参加する町工場の士気は衰えず、すでに次作機の製作も進んでいる。
    プロジェクト推進委員会と競技現場とのコミュニケーション不足など課題はある一方、競技関係者からは国産ソリを望む声もある。
    「氷上のF1」と呼ばれるマイナー競技が続ける静かな挑戦をたどる。

    ◇第1章 ソチめざした下町のソリ
    ◇第2章 最高のソリは下町にある
    ◇第3章 ルールブックは読むな
    ◇第4章 精度はそんなに気にするな
    ◇第5章 いいパートナーになれるはず

    http://astand.asahi.com/webshinsho/asahi/asahishimbun/product/2013122000007.html

    【下町ボブスレー「ルールブックは読むな、精度はそんなに気にするな。最高のソリは下町にある」】の続きを読む

    1: 2018/02/09(金) 15:07:23.58 ID:mfPX33pz0
    我々のそりがソチオリンピックで採用されることはなかった。
    施政方針演説で安倍首相が下町ボブスレーを取り上げてくれたこともあり、スポンサーは順調に集まったが、
    スポンサーのステッカーを貼って走る機会がなくなってしまうため、
    せめて全日本選手権だけでもナショナルチームに乗ってもらうよう交渉したが、これも実
    4現しなかった。
    そこで長野オリンピック経験者(現在 50 歳)と体格がよく足の速い大学生(素人)に 2~3 回練習させ、
    全日本選手権に出場させたところ、ナショナルチーム 1 チームを抜き、最高速では我々が勝った。
    性能がいいのに我々のそりを使ってもらえないことが悔しく、
    2014 年、ドイツ元ナショナルチームパイロットを長野に呼んで乗ってもらい、正当な評価に自信を深めた。
    また、全日本選手権のリベンジとして、オーストリア・インスブルックのシニア大会に出場し、
    予想を上回る 9 位になった。

    その後も 2018 年の平昌オリンピックに向けて次々と新車を作り、海外で乗ってもらう度に手応えを感じたが、
    日本人に乗ってもらいたいという意識があったため、海外へのオファーは一切しなかった。

    最終的に平昌オリンピックでの採用を決める 2015 年 11 月のコンペで初日勝ったものの、
    2 日目で負けてしまい、我々のそりは不採用となった。
    これ以上スポンサーに迷惑をかけられないため、
    ここで海外にオファーをしようということになり、一斉に各国に配信した。
    忘れもしない 2015 年 12 月 10 日、最初に手を挙げたのがジャマイカであった。

    ジャマイカの「世界一の身体能力」と、
    我々中小企業の「世界一に近い技術力」というキーワードはメディア受けすることから、
    これで世論が動き、「何故ジャマイカが使って日本は使わないのか」というマインドになれば、
    オールジャパン体制という夢もかなうのではないかと期待している。


    http://kantou.mof.go.jp/content/000133138.pdf

    【下町ボブスレー「メディア使って、何故ジャマイカが使ってるのに日本は使わないのかという世論にしたかった」 】の続きを読む

    このページのトップヘ