当サイトはネット上、主に5ch(5ちゃんねる)や2ch.sc、twitter等で話題のニュースや芸能情報、アニメ・ゲーム情報を画像や動画を交えて紹介するまとめブログです。

    マスコミ

    1: 2018/02/26(月) 19:23:01.93 ID:mepzWO7ga
    メダリスト会見

    メディア1「羽生選手に質問です、韓国で美味しかったものは?」
    羽生「ボクがそれを上手く答えられるとは思えないので省きます」

    メディア2「羽生選手がエキシビションの練習中に"スピードスケート"…」
    羽生「あれは、ショートトラックです」

    メディア3「自分へのご褒美はありますか?」
    羽生「金メダルという結果と皆さんの歓声や喜びがあればそれで十分です」


    流石やで

    【【朗報】金メダリスト羽生結弦、マスコミの低レベル質問を次々とぶったぎる!】の続きを読む

    1: 2018/02/22(木) 14:01:11.22 ID:QuTRYKs+a
    マスコミに対して、SNS上でも苦言を連発してみせるダルビッシュ有は、とりわけ週刊誌記者から「できれば接したくない」と思われているという。

    「1月22日にも、ダルビッシュは小室哲哉の引退騒動に際して『週刊誌がやっていることの8割は「人のアラを探してみんなに伝える」ことだと思います』などと、
    マスコミ批判と取れる文章をTwitterに投稿し、物議を醸していましたが、やはりプライベートを探る直撃取材に対しては、類を見ないほどの拒否反応をみせます。
    こちらの質問を遮るように『親はこの仕事してるって知ってるの?』『子どもに言えないでしょ』『いつ転職するの?』と畳み掛けてきて、気が済むとさっさと帰ってしまう。ダルビッシュへの取材を回された記者は、みなため息をついていますよ」(週刊誌記者)
    http://www.cyzowoman.com/2018/02/post_174074.html/amp

    no title


    【ダルビッシュ有さん、週刊誌記者を罵倒する畜生だった『いつ転職するの?』『親はこの仕事してるって知ってるの?』 】の続きを読む

    1: 2018/02/09(金) 15:07:23.58 ID:mfPX33pz0
    我々のそりがソチオリンピックで採用されることはなかった。
    施政方針演説で安倍首相が下町ボブスレーを取り上げてくれたこともあり、スポンサーは順調に集まったが、
    スポンサーのステッカーを貼って走る機会がなくなってしまうため、
    せめて全日本選手権だけでもナショナルチームに乗ってもらうよう交渉したが、これも実
    4現しなかった。
    そこで長野オリンピック経験者(現在 50 歳)と体格がよく足の速い大学生(素人)に 2~3 回練習させ、
    全日本選手権に出場させたところ、ナショナルチーム 1 チームを抜き、最高速では我々が勝った。
    性能がいいのに我々のそりを使ってもらえないことが悔しく、
    2014 年、ドイツ元ナショナルチームパイロットを長野に呼んで乗ってもらい、正当な評価に自信を深めた。
    また、全日本選手権のリベンジとして、オーストリア・インスブルックのシニア大会に出場し、
    予想を上回る 9 位になった。

    その後も 2018 年の平昌オリンピックに向けて次々と新車を作り、海外で乗ってもらう度に手応えを感じたが、
    日本人に乗ってもらいたいという意識があったため、海外へのオファーは一切しなかった。

    最終的に平昌オリンピックでの採用を決める 2015 年 11 月のコンペで初日勝ったものの、
    2 日目で負けてしまい、我々のそりは不採用となった。
    これ以上スポンサーに迷惑をかけられないため、
    ここで海外にオファーをしようということになり、一斉に各国に配信した。
    忘れもしない 2015 年 12 月 10 日、最初に手を挙げたのがジャマイカであった。

    ジャマイカの「世界一の身体能力」と、
    我々中小企業の「世界一に近い技術力」というキーワードはメディア受けすることから、
    これで世論が動き、「何故ジャマイカが使って日本は使わないのか」というマインドになれば、
    オールジャパン体制という夢もかなうのではないかと期待している。


    http://kantou.mof.go.jp/content/000133138.pdf

    【下町ボブスレー「メディア使って、何故ジャマイカが使ってるのに日本は使わないのかという世論にしたかった」 】の続きを読む

    1: 2017/11/15(水) 02:02:14.09 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3150564

    2017年11月14日 21:15 発信地:日本

    【11月14日 時事通信社】国連人権理事会は14日、日本を対象とした人権審査の作業部会を開いた。対日人権審査は、2012年10月以来5年ぶり。会合では、米国など加盟国の一部から日本の報道の自由に関する問題が初めて取り上げられ、懸念が示された。

     米国は、放送局の電波停止権限を規定する放送法など「メディアに対する規制枠組みを懸念」しているとして、政府から独立した監督機関の設立を提言。オーストリアやブラジルなどもメディアの独立性や特定秘密保護法に懸念を示した。日本側は「政府が不当な圧力をかけた事実はない」と反論した。

     日本での報道の自由をめぐっては、人権理のデービッド・ケイ特別報告者が5月に調査報告を公表。特定秘密保護法や放送法の改正を勧告していた。

     人権理の「普遍的定期審査」では、国連加盟の全193カ国の人権状況が定期的に審査される。日本は08年5月に初めて実施され、今回が3回目。14日の作業部会では前回までと同様、従軍慰安婦問題について韓国、北朝鮮、中国が懸念を表明。死刑制度に関しても、欧州を中心に多くの国が廃止を勧告した。(c)時事通信社

    【【速報】国連人権理事会、日本の人権の状況を調査し「報道の自由」に懸念】の続きを読む

    このページのトップヘ