当サイトはネット上、主に5ch(5ちゃんねる)や2ch.sc、twitter等で話題のニュースや芸能情報、アニメ・ゲーム情報を画像や動画を交えて紹介するまとめブログです。

    ヤラセ

    no title
    1: 2018/11/20(火) 07:06:44.66 ID:9XGE8oEA0HAPPY
    「現地の人たちは基本的にエキストラだったわけですから、異様にテンションが高い。
    ロケの最中、宮川さんはお祭りの参加者たちを見て『なんでこんなに人多いん?』『テンション高すぎひん?』と、
    漏らしていたといいます。さらに、現地の人が領収書のような書類にサインする場面を目撃してしまったのだとか。
    その際も宮川さんはスタッフに『あれなんなん?』と追及したそうです」(番組関係者)

    あまりにも不自然すぎる光景。堪りかねた宮川がこんな指摘をしたことも――。

    「それでも、スタッフはやらせを認めるわけにはいきません。この手の番組はタレントのリアクションが命ですから、
    やらせだとバレないようにずっと言い訳をしてきたといいます。宮川さんは半信半疑の状態で
    『これ、祭りちゃうやん!?』とツッコんでいたそうです。とはいえスタッフとは11年もの付き合い。
    『嘘をつくはずがない』と宮川さんは彼らを信じていたのに……」(前出・番組関係者)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181120-00010000-jisin-ent
     

    【【イッテQ】宮川大輔「(領収書にサインする現地の人)あれなんなん?これ、祭りちゃうやん!?」 】の続きを読む

    1: 2018/11/14(水) 16:05:35.33 ID:mHHuogI70
    「カリフラワー祭り」は、昨年1月14日、タイの中部・ペッチャブーン県の外れにあるサイヨン村で行なわれた。
    二人三脚で泥沼を駆け抜け、カリフラワー20キロを収穫するスピードを争うレースで、2月の放送では
    「カリフラワーの名産地で年に1度、その収穫を祝う祭りが開かれる」などと紹介された。「お祭り男」の
    宮川大輔(46)に加え、「NEWS」の手越祐也(31)も参戦。番組は22.2%の高視聴率を記録していた。

     だが、サイヨン村の村長は疑問を呈する。


    「テレビ番組のコーディネーターを夫に持つ地元住民から『日本のテレビが来るのでラコーン・サン
    (短いドラマや芝居)を作りたい』と言われ、開催した。話し合いの中で去年は野菜の値段がとても
    安かったこともあり、カリフラワーを使ったゲームをすることになったのです。当日は年に
    1度の子供の日で、あのゲームは収穫を祝うものではありません」

    さらに「週刊文春」が現地で取材したところ、祭りの出場者には賞金や参加費などが渡され、
    「イッテQ!」の海外コーディネーションを担当するM社が「祭り」の運営費を負担していることなどが分かった。
    http://bunshun.jp/articles/-/9660

    打ち切りになってしまうんか?('ω')

    【【文春】イッテQやらせに新たな疑惑 手越祐也参戦の『タイのカリフラワー祭り』 】の続きを読む

    1: 2018/11/11(日) 12:37:48.12 ID:Rtxh4nHi01111
     11日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)では、日本テレビ系バラエティー「世界の果てまでイッテQ!」(日曜・後7時58分)で取り扱ったラオスの「橋祭り」について、
    8日発売の「週刊文春」が「やらせ疑惑」などと報じたことを議論した。

     ダウンタウン・松本人志(55)は「これがニュースになると(宮川)大輔の写真が使われるのがかわいそう。それに、このニュースでコメンテーターがいう『バラエティーはそもそもヤラせ』という
    考え方も嫌い。ガチでやっているのも、結構ありますから」と発言し、「でも現地の人からしたら、そんな祭りやってないのに毎年やってると言われたら嫌なのは多少分かる」と見解を示した。

     HKT48・指原莉乃(25)が「大輔さんがかわいそう。ロケしてる側だったらそんなこと分からないし、でも突撃されるのは大輔さん」と言うと、ミュージシャン・泉谷しげる(70)も
    「こんなのほじくり返すことない。でも、人気番組はたたかれるんだよな」と話した。

     松本は「そうですよね。そりゃ僕たちもフジテレビと日本テレビを天秤にかけたら日テレで仕事したいですもん」とスタジオを笑わせた。

    【【ワイドナショー】松本人志、イッテQ報道に苦言「バラエティーはそもそもヤラせという考えが嫌い」 】の続きを読む

    このページのトップヘ