当サイトはネット上、主に5ch(5ちゃんねる)や2ch.sc、twitter等で話題のニュースや芸能情報、アニメ・ゲーム情報を画像や動画を交えて紹介するまとめブログです。

    不倫

    1: 2018/03/23(金) 19:25:04.01 ID:CAP_USER9
    濃密な不倫疑惑が報じられている、立憲民主党の山尾志桜里議員(43歳)と倉持麟太郎弁護士(35歳)。
    2017年に不倫疑惑が報じられ、その直後に倉持麟太郎弁護士が妻と離婚。
    その元妻が2018年3月に不倫疑惑の実態を暴露し、物議をかもしている。

    ・異様なほどテカテカしている
    そんななか、テレビ視聴者やインターネットユーザーの間では、山尾志桜里議員の顔のテカテカ具合が話題になっている。
    異様なほどあまりにも顔がテカテカしているため、「めっちゃテカテカしてんな」や「テカテカワロタ」「山尾さんってなぜあんなにお顔がテカテカなの?」などの声が出ているのである。

    ・自身が分泌した皮脂なのか
    人間の顔がテカテカする理由はいくつかある。いちばん多いのが皮脂が分泌されて肌に浮き出ているケース。
    美しく元気に見えるように馬油などのオイルを肌に塗るケースなどだ。
    山尾志桜里議員の顔のテカテカは、自身が分泌した皮脂なのだろうか。
    それとも塗ったオイルなのだろうか。
    この件に関してコスメ関係者は以下のように語る。

    ・コスメ関係者の声
    「肌がツルツルでテカテカなのは、ホルモンバランスが良い証拠。
    ブリで言うと旬の時期ということです。
    彼女のテカテカをバッシングしている人たちもいますが、テカテカしててリア充っぽい山尾志桜里議員に対する嫉妬心があるのではないでしょうか。
    彼女と同じ40代なのに異性が寄り付かない人はたくさんいますから、モテモテでテカテカの山尾志桜里議員が憎いのでしょう」

    ・テカテカできない時期が訪れる?
    テカテカっぷりが話題となっている山尾志桜里議員だが、彼女は倉持麟太郎弁護士の元妻から不倫疑惑関連で訴えられる予定であり、今後、テカテカできない時期が訪れるかもしれない。

    no title

    no title

    http://buzz-plus.com/article/2018/03/22/furin-shiori-yamao-hormonal-balance/

    【【悲報】不倫疑惑の山尾志桜里さん、顔がテカテカすぎて物議を醸し出してしまう…】の続きを読む

    1: 2018/01/14(日) 10:30:23.75 ID:EEpdLaNj0● BE:878898748-PLT(16000) ポイント特典
    2018年1月14日放送された『ワイドナショー(フジテレビ系)』の冒頭にてフジテレビの秋元優里アナウンサーの
    密会について触れられた。今週の『ワイドナショー』に出演する予定だったが、出演してらずその理由を東野幸治が
    「ワイドナショーにも出演されている秋元アナウンサーが週刊誌報道により当面の間担当されている全ての番組に
    ついて見合わせている」と説明。

    これについて改めてどういうことなのか長谷川まさ子が「竹林と待避小屋でお車を駐めまして30分ほどの密会が
    2回と箱根湯本の温泉、これ日帰りなんですけど、2時間ほど番組のプロデューサーの方とお会いしていたと
    言うところを撮られてしまった」と週刊文春の報道を説明。長谷川まさ子は続けて「関係を否定しているが、
    アウトだと思います」とコメントした。

    またフジテレビの公式コメントとして「単なる相談相手と聞いておりますが、誤解を与えるような軽率な行動に
    対する責任を取って当面の間、番組出演を見合わせます」とのこと。

    ただ、秋元優里アナウンサーは「出たい」と申し出たらしいが、上層部から「馬鹿野郎」と言われたという。
    東野幸治としても「本人が出てきて言って欲しい!」としている。秋元アナは過去に似たような騒動のときに
    「やましいことはない」と『ワイドナショー』で発言していた。

    また交代で出演している山﨑夕貴アナは「衝撃です!」と一言。

    いつか再び出演することになったら、そのときにこの不倫疑惑を語るかもしれない。

    http://gogotsu.com/archives/36214
    no title

    no title

    no title

    【竹林不倫疑惑の秋元優里アナ、ワイドナショー出演ならず「秋元アナは当面の間全ての出演を見合わせ」】の続きを読む

    このページのトップヘ