当サイトはネット上、主に5ch(5ちゃんねる)や2ch.sc、twitter等で話題のニュースや芸能情報、アニメ・ゲーム情報を画像や動画を交えて紹介するまとめブログです。

    加藤浩次

    1: 2019/10/15(火) 11:30:17.84 ID:hWjY6OhU9
    お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次(50)が、13日放送のAbemaTV『極楽とんぼのタイムリミット』で、今月1日に吉本興業とエージェント契約を交わし、個人事務所「有限会社加藤タクシー」を設立したことを明かした。

    加藤は「10月1日から、私はもう大手事務所じゃないですから。有限会社加藤タクシーの社長兼タレントです」「吉本(興業)さんをエージェントとして仕事の契約を結ぶということだけのこと」と関係性を明言。
    個人事務所では「今、僕はただの取締役です。代表は(妻の)カオリなんで」と説明した。

    相方の山本圭壱(51)が「タクシー会社をやっているわけじゃないですよね?」と聞くと、「やってないです(笑)。タクシーは一切やってないです。うちの会社の名前が“有限会社加藤タクシー”なだけ」と伝えた。

    加藤は今年7月22日、MCを務める日本テレビ系情報番組『スッキリ』(月~金 前8:00)で、「今の社長、会長体制が続くのなら俺は吉本興業を辞める」などと発言し、雨上がり決死隊・宮迫博之(45)ら、所属芸人による反社会的組織からの金銭授受騒動を受けての同社の対応を批判した。

    7月23日には、大崎洋会長(66)と3時間を超える会談を行うも、結論は先送りに。
    翌8月には『スッキリ』で、「専属エージェント契約」が自身の発案であり、契約を結ぶ方向であることを表明していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00000325-oric-ent

    【加藤浩次、個人事務所「有限会社加藤タクシー」設立「私はもう大手事務所じゃない」「吉本とはエージェントとして仕事の契約を結ぶ」】の続きを読む

    1: 2019/09/27(金) 09:11:25.95 ID:zpY2hmmu9
    27放送の日本テレビ系情報番組「スッキリ!!」(月~金曜・前8時)では、AKB48が26日、福岡・博多座の20周年記念AKB48グループ特別公演(11月9日開幕)の特典付きチケットについて訂正。公式ホームページで「一部誤解を与えてしまう表現がございました」と謝罪した件を特集した。

     今回、24日に発表した特典付きチケットが「メンバーと恋人体験ができる!?“デートチケット”」と称されるものだったが、これに対して「デートチケットなんて、世間と感覚がずれている」などと批判が寄せられ、わずか2日で「メンバーと一緒に、みんなで舞台鑑賞が出来るスペシャルチケット!」に変更された。

     MCの加藤浩次(50)は名称が変更されたことについて「やることは変わらない。表現が変わっただけだから」とコメント。その上で「デートって言葉は強いかなあ。僕は言葉強くないと思うけど」と続け、「(メンバーの)安全性(は確保できるのか)と言われちゃうとそれまでだけど、何が問題なのか分からない」と首をかしげていた。

    9/27(金) 9:06配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-00000040-sph-ent

    【加藤浩次さん、AKBの「デートチケット」名称変更に「安全性と言われたらそれまでだけど、何が問題なのか…」】の続きを読む

    no title
    1: 2019/08/09(金) 11:10:49.59 ID:AyZ1plVzr
    極楽とんぼ加藤浩次(50)が9日、メインMCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜午前8時)に出演し、吉本興業に残留する意向を明らかにした。

    番組の中で加藤はまず「これまで黙ってきたが全部話します」とし吉本興業の「経営改善」方針を確認した後に「エージェント契約案を提示した」6日には大崎会長と2回目の会談をし「エージェント契約なら残れる」と話した。

    2日の同番組での放送では「自分は(大崎会長と)2回目の会談ができてない。1回目の(会談の)平行線のまま」と現状を説明していたが、この日までに会社側との話し合いで決まったとみられる。

    「加藤の乱」の発端は先月22日の「スッキリ」。雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が涙ながらに会見したことに憤り、所属する吉本興業を退社すると宣言。「(会長の)大崎さんと(社長の)岡本さんを怖がっている。この体制が続くなら俺は辞める。この取締役が変わらないなら辞める」とまで言い切った。

    同23日には大崎会長に直談判。3時間に及んだ会談について、同24日の放送では「芸人サイドの意見として伝えても、会社の考え方があって、平行線でずっと3時間。結果として大崎会長が持ち帰らせてくれとなって、今も平行線のままです」と明かしていた。

    ソース/日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201908080000035.html

    【【狂犬チワワ】加藤浩次、吉本残留を宣言 退社発言を謝罪】の続きを読む

    no title
    1: 2019/07/31(水) 20:29:55.78 ID:scW1n4Ep0
    雨上がり決死隊の宮迫博之(49)、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)らの闇営業問題をきっかけに勃発した吉本興業のお家騒動。ここにきて吉本興業ホールディングスの大崎洋会長(66)が、極楽とんぼの加藤浩次(50)に対し激怒していることが「週刊文春」の取材によってわかった。

     加藤は、7月22日、自身が司会を務める「スッキリ」(日テレ系)で、大崎会長(65)、吉本興業の岡本昭彦社長(52)に対し、辞任を迫っていた。

     吉本興業関係者が明かす。

    「大崎氏は身を引くつもりはさらさらない。岡本氏を辞めさせるつもりもありません。一方、反旗を翻した加藤に対し『絶対に許さない』と言っているそうです。宮迫だけでなく、加藤も吉本興業に残ることはできないでしょう」

     大崎氏の意を受けた岡本社長が「加藤追放」に向けて着々と動いているという。

    「岡本氏は『加藤のバックには、いわくつきの元社員がいる』などと、さかんに記者へリークしています」(同前)

    「週刊文春」が、この元社員を電話で直撃すると、「そんなことあるわけないじゃないですか。加藤とは(自分が吉本を)辞めてから一度も連絡を取ってませんよ」と言下に否定した。

     吉本で何が起きているのか。8月1日(木)発売の「週刊文春」では、安倍官邸と吉本興業の関係や、松本人志・大崎会長ラインが支配する社内の実態について7ページにわたり特集している。

    7/31(水) 16:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190731-00013094-bunshun-ent

    【【悲報】加藤浩次、大崎洋会長の怒りを買い吉本追放か】の続きを読む

    このページのトップヘ