当サイトはネット上、主に5ch(5ちゃんねる)や2ch.sc、twitter等で話題のニュースや芸能情報、アニメ・ゲーム情報を画像や動画を交えて紹介するまとめブログです。

    大河ドラマ

    no title
    1: 2019/09/09(月) 17:14:24.60 ID:UFN2W6+P00909
    9月9日(月)に2021年の大河ドラマの制作・主演発表会見が行われ、2021年大河ドラマが「晴天を衝(つ)け」に決定、吉沢亮が主演を務め、
    脚本を大森美香が担当することが分かった。

    本作では、資本主義の父と称され、ノーベル平和賞の候補に2度も選ばれた渋沢栄一の生涯を描いていく。

    ■ 「いだてん―」が放送中!2020年には「麒麟が来る」

    現在は大河ドラマは、中村勘九郎と阿部サダヲがダブル主演を務める「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」
    (毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)が放送中。

    宮藤官九郎が脚本を手掛け、日本で初めてのオリンピックに参加した金栗四三(勘九郎)と、日本にオリンピックを招致した田畑政治(阿部)が奮闘する姿を
    描いている。

    また、2020年には長谷川博己主演の「麒麟がくる」が放送。

    史料がほとんど残っていない20代の明智光秀の青春時代から始まり、織田信長、斎藤道三、今川義元、松永久秀さらに秀吉や家康といった英雄たちが
    天下を狙って戦う群雄割拠の時代を、大河ドラマ第29作「太平記」(1991年)を担当した池端俊策が描く。

    (ザテレビジョン)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190909-00204300-the_tv-ent

    【【速報】2021年の大河ドラマ、『晴天を衝け』に決定 吉沢亮主演で渋沢栄一の生涯を描く】の続きを読む

    DCgy0yWUMAAd_KV
    1: 2019/06/11(火) 15:42:07.74 ID:gkmtprUO0
    「一つは7月からスタートする唐沢寿明主演のドラマ『ボイス110緊急指令室』(日本テレビ系)。
    ゲスト出演が決まっているんです。もう一つは来年放送予定のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』にも
    出演が内定したそうです。恐ろしい早さで仕事が決まっている」(芸能プロ関係者)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-00000006-nkgendai-ent

    【【元NGT】山口真帆さん、大河ドラマ『麒麟がくる』への出演が内定か】の続きを読む

    no title
    1: 2019/03/11(月) 17:54:11.39 ID:l/A3+RI0a
    NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の第10話が10日に放送され
    関東地区の平均視聴率が8・7%だったことが11日、ビデオリサーチの調べでわかった。
    第6~9話まで関東地区の平均視聴率は4話連続で9%台を記録していたが
    先週から1ポイント下がり、とうとう初の8%台となってしまった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-03110187-nksports-ent

    花燃ゆ(歴代ワースト1位)
    16.7-13.4-15.8-14.4-12.8-13.3-11.6-13.0-12.9-12.7

    いだてん
    15.5-12.0-13.2-11.6-10.2- 9.9- 9.5- 9.3- 9.7 - 8.7

    【【悲報】いだてん、視聴率8.7%…花燃ゆに10連敗】の続きを読む

    Dzm6twAU8AIgqoZ
    1: 2019/02/18(月) 21:06:12.42 ID:3OT7eyV40
    2017 おんな城主 直虎←コケる
    2018 西郷どん←コケる
    2019 いだてん←大コケ
    2020 麒麟がくる←?

    【あらすじ】  
    応仁の乱後、世は乱れ、無秩序状態の中で、天下を統一し、乱世をおさめようとする戦国の英雄たちが登場しはじめる。  
    1540年代なかば、東西の要衝たる美濃の地に、一人の若き虎がいた。  
    名は明智十兵衛光秀。一介の牢人である青年光秀の胸の奥にはまだ自分でも気づかぬ静かな炎が燃えていた。  
    当時、美濃を治める土岐氏一族は内紛にことかかなかった。周囲を尾張の織田、駿河の今川、越前の朝倉に囲まれ、常に攻め込まれる危険を抱えた美濃で、若き虎は戦に駆り出されては、敵を撃破、その勇猛果敢な働きと戦略的才能は、土岐家の筆頭家臣、斎藤利政の目にとまり、利政に抜擢ばってきされていく。その利政こそ、いずれ土岐家をのっとり、美濃を手中におさめる「斎藤道三」その人であった…。

    【大河ドラマ、マジで来年の明智光秀の『麒麟がくる』がコケたら終わる模様 】の続きを読む

    このページのトップヘ