当サイトはネット上、主に5ch(5ちゃんねる)や2ch.sc、twitter等で話題のニュースや芸能情報、アニメ・ゲーム情報を画像や動画を交えて紹介するまとめブログです。

    希望の党

    ookusi
    1: 2017/11/08(水) 10:48:52.64 ID:3PlQUA010● BE:565421181-PLT(13000) ポイント特典
    希望代表選立候補・大串氏 一問一答「政権打倒へ統一会派を」


    -他の候補者との違いは何か。
     「安倍政権を打倒する。そのために積極的に他野党と連携していくと明確な立ち位置を示しているのは、
    私ならではのことだ」


     -小池代表と意見が食い違ったらどうするか。
     「規約上、党の重要決定は両院議員総会や役員会で議論するとなっている。いろいろな意見があるので、
    議論してしっかり決める」

     -小池代表は安保関連法に賛成しているが。
     「当初の政策協定書案では集団的自衛権を含む安保政策を容認するとなっていたが、それは私たちの
    考えと相いれないとして削除された。この経過は小池代表もご存じで、整合的に説明がつくと思う」


    -民進党に戻すということか。
    「野党がまとまって安倍政権に対峙(たいじ)していくため、現実的にできる方策として統一会派を打ち出すことは大切だ。」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171108-03146473-saga-l41

    【【希望の党代表戦】大串議員が公約発表「民進党と合併し、安保法案は叩き潰す!」】の続きを読む

    1: 2017/10/29(日) 21:22:57.81 ID:Ws1+sldy0 BE:253246518-PLT(15000) ポイント特典
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    調査日: 2017年10月27(金) ~10月29日(日)
    世帯数:1674 回答数:717 回答率:42.83%
    少数点第2位以下を四捨五入


    <<第48回衆議院議員総選挙結果評価 世論調査>>

    あなたの支持している政党を教えて下さい。(支持政党がないとき→強いて挙げればどの政党ですか?)


    (1) 自由民主党 36.5 %
    (2) 立憲民主党 13.8 %
    (3) 希望の党 4.2 %
    (4) 公明党 4.7 %
    (5) 日本共産党 4.5 %
    (6) 日本維新の会 3.1 %
    (7) 社会民主党 0.6 %
    (8) 自由党 0.1 %
    (9) 民進党 0.7 %
    (10) その他 0.3 %
    (11) 支持している政党はない 30.0 %
    (12) わからない、答えない 1.5 %

    http://www.ntv.co.jp/yoron/201710/soku-index.html

    【【悲報】 希望の党、ついに支持率が泡沫政党の共産党以下に…】の続きを読む

    1: 2017/10/28(土) 15:33:50.91 ID:CAP_USER9
    夕刊フジ2017.10.28
    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171028/soc1710280008-n1.html?ownedref=not 176et_main_newsTop

     小池百合子氏率いる希望の党は、結党当初の勢いが嘘のような大惨敗を衆議院選挙で喫した。どこから歯車が狂ったのか。民進党から希望の党に移り小選挙区で敗退した宮崎岳志氏(群馬1区、前職)、田村謙治氏(東京16区、元職)、櫛渕万里氏(千葉3区、元職)、多ケ谷亮氏(千葉11区、新人)の4人が、肌で感じた潮目の変化を語る。

     田村:そもそも民進党が希望に合流するということ自体、事前に連絡がなかったので知らなかった。報道で見て驚きました。当時は前原さんは素晴らしい決断をしたと思っていました。そのあとこんなに失速するとは思いませんでしたから。

     宮崎:この中で解散前に議席を持っていたのは私だけですが、民進党のままで戦っていれば当選できただろうなと正直思っています。野党共闘もあるし、当選できる地盤も築いてきた。だけど、民進党としては良くて現有議席程度、希望の党とバッティングすれば大幅に割り込んだと思う。安倍政権は継続し、政治状況は何も変わらないままでは無意味だと感じ、合流に賭けた。

    (全文は配信先で読んでください)

    【【希望の党】 落選者座談会「民進のままなら当選できたんだが?」】の続きを読む

    このページのトップヘ