当サイトはネット上、主に5ch(5ちゃんねる)や2ch.sc、twitter等で話題のニュースや芸能情報、アニメ・ゲーム情報を画像や動画を交えて紹介するまとめブログです。

    文春

    no title
    1: 2019/10/30(水) 12:24:00.74 ID:RZfxQDVm9
     女優の山本美月(28)と俳優の瀬戸康史(31)が交際していることが、「週刊文春」の取材で分かった。

     現在、舞台稽古中の瀬戸は10月21日から5夜連続、都内にある山本の自宅マンションに宿泊。夜、寄り添って外出するなどの親密ぶりを見せた。

     山本は2009年にモデルコンテストのグランプリを受賞。8年にわたり「CanCam」の専属モデルを務める一方、女優業にも進出。今や人気女優としての
    地位を確立している。

     一方の瀬戸は05年に芸能界入りして以降、2.5次元ミュージカルや「仮面ライダーキバ」出演を経て、連続ドラマで主演を張る俳優へと成長。
    今年7月期の連続ドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)では深田恭子の恋人刑事役がハマり役と評価された。

    「2人は、今年4月期に放送された『パーフェクトワールド』(フジ系)で共演しています。その仕事を通して急接近したのでしょう。ドラマでは、瀬戸が
    幼馴染みの山本に長年思いを寄せていたが、最終的には結ばれないというストーリーでした。瀬戸が演技で見せる山本に対する優しさに、ファンは
    ヤキモキしたに違いありません。その2人が現実で結ばれたということは、ドラマファンにとって垂涎の展開です」(芸能プロ関係者)

     交際について、山本の所属事務所は「プライベートにつきましては本人に任せております」、瀬戸の所属事務所も「プライベートは本人に任せております」
    とコメントした。

     2人がカフェで差し向かいになり、沈黙のまま没頭していたことは何か。あるいは知人が語るその人柄。そして、2人のツーショット写真など、
    詳しくは10月31日(木)発売の「週刊文春」で報じている。

    「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年11月7日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191030-00015076-bunshun-ent

    【【速報】山本美月・瀬戸康史が「パーフェクト」真剣交際】の続きを読む

    SnapCrab_NoName_2019-4-25_11-56-59_No-00
    1: 2019/08/27(火) 13:56:15.28 ID:1vYUankW0
    8月18日(日)に劇場公演を再開した新潟を拠点にするアイドルグループ「NGT48」だが、
    この前日の17日に運営会社「AKS」が実施したメンバーの保護者に対しての説明会の音声データを「週刊文春デジタル」は入手した。
    元メンバーの山口真帆(23)への暴行事件の影響で”開店休業”状態が続いていたNGTにとっては3カ月ぶりの公演だった。

    「運営会社の『AKS』は、今年3月に第三者委員会報告について開いた冗長な会見以降、
    事件の説明をしていません。AKSは加害者グループに対して民事訴訟を起こしていて、
    次回公判は9月20日が予定されていますが、それも非公開だといわれている。
    何より、運営トップである吉成夏子社長は一度も表に出てきていません。
    この状態で活動を再開するのでは、ファンから不満の声が上がるのも仕方のないところです」(スポーツ紙記者)
     
    新潟市内の某会議室で約90分にわたって行われた保護者説明会には、40人ほどの保護者と、AKS役員、
    スタッフが参加した。登壇した吉成社長は、山口による運営批判に反論。
    また、現在民事裁判で係争中の犯人グループ側ともコンタクトをとったことを明かした。

    「初めまして、AKS吉成夏子です。(中略)ここにいらっしゃる皆様がいちばん、私に対して、
    疑問に思っている事というか、それはあの山口真帆さんが卒業公演の時に、
    『不起訴でなければ事件じゃない』って社長に言われて(※4月の公演で山口は
    「社長には『不起訴になった。イコール事件じゃないということだ』と言われ、
    そして今は、『会社を攻撃する加害者だ』とまで言われています」と発言した)、
    会社からパワハラを受けたっていう、その発言が本当だったかどうかっていうところだと思っています。
    そのような事実は一切ございません。じゃあなんでそれを世間に対して言わないのですかっていうふうに
    思っていらっしゃる方がほとんどだと思うのですけども、申し訳ありません、あのタイミングで、
    私がそれを高々に言うと、言った言わないの話になって彼女の卒業がまた更に遅れるという判断をしました」
     
    吉成氏はこれまで山口と約15時間面談をし、大半の会話を録音し、 データを残しているという。
    落ち着いた声色ながら、山口については厳しい調子で説明を続けた。

    (後略、全文はソースで)
    週刊文春
    https://bunshun.jp/articles/-/13583
    山口が主張した「メンバーと犯人がつながっている証拠」
    https://bunshun.jp/articles/-/13583?page=2
    「僕は、もともと繋がっていたのは山口さんです」
    https://bunshun.jp/articles/-/13583?page=3


    《予告編》音声公開「犯人が繋がっていたのは山口真帆」AKS吉成夏子社長が暴露したNGT暴行事件の内幕
    https://www.youtube.com/watch?v=8OZiH3Y8GJw


    【【悲報】山口真帆さん、黒幕だった【文春音声公開】】の続きを読む

    1: 2019/02/20(水) 17:03:48.70 ID:u5xgCnQ50
    1986年に設立された「幸福の科学」。大川隆法総裁(62)の長男である宏洋氏(29)が「週刊文春」の取材に応じ、教団と決別した経緯について詳細に語った。

    1989年、5人きょうだいの長男として生まれた宏洋氏は、青山学院大学を卒業後、「幸福の科学」理事長や系列芸能事務所の社長を歴任。
    教団の映画制作を担うなど「幸福の科学」の幹部として活動していたが、2018年10月、「YouTube」の個人チャンネルで教団との決別を宣言していた。

    宏洋氏によれば、教団との決別の契機は、2017年に女優・清水富美加(現在は千眼美子に改名)との結婚を再三迫られたことにあるという。

    「その年の1月末、父から『彼女と結婚しなさい』と言われましたが、どうしても彼女との結婚を受け入れられませんでした。

    最終的に、同年11月18日、結婚しませんと断ると、父は怒り狂いました。
    僕と結婚させるため、彼女に芸能事務所を辞めさせたのに、メンツを潰されたと感じたのでしょう。

    その一方で、僕も限界でした。

    結局、その日を境にして教団を離れ、一人で生きて行く覚悟を決めました」
    http://bunshun.jp/articles/-/10791?page=1

    【【文春】大川隆法の息子「清水富美加(千眼美子)と無理矢理結婚させられそうになったから離脱した。」】の続きを読む

    このページのトップヘ