当サイトはネット上、主に5ch(5ちゃんねる)や2ch.sc、twitter等で話題のニュースや芸能情報、アニメ・ゲーム情報を画像や動画を交えて紹介するまとめブログです。

    松本人志

    no title
    1: 2019/12/24(火) 07:26:24.26 ID:LFSA697fpEVE
    審査員は客と同じレベルではダメ? 松本人志が語った“正しい漫才の評価”とは?

    博多華丸・大吉の優勝で幕を閉じた『THE MANZAI 2014』(フジテレビ)。

    松本は、「これって一票制なんで、すごい大差の感じがしちゃうんですよ。華大、全然良かったんですけど、和牛とダイアンは
    一票も入ってなかった。この決め方は可哀想やなっていうのがあり」と一票も入らなかったコンビを慮った。
    その上で、西川きよし、志村けん、テリー伊藤、春風亭小朝、オール巨人、大竹まこと、渡辺正行、関根勤、ヒロミらに疑問を呈する。

    「審査員の人たちがお客さんの笑いにちょっと流されているかな、誘導されている感じがして。
    審査員ってもっと自分勝手でいいと思うんですよ。
    『誰がなんて言おうと俺はこれが好きなんだ』っていう人を入れた方がいいのではないかな。
    色々なことを言う人はいるんですよ。『漫才は結局一般の人、お客さんにみせるものなので、お客さんに一番ウケているのが
    一番でいいじゃないか』と。

    でもね、僕はやっぱり違うと思うんですよ。

    それをやると、漫才師、芸人は、皆、お客さんにウケにいくネタをやりだす。
    それでも別にエエやんけっていう人もいると思うんですけど、長い目で見ていくと、飽きられるんですよ。
    センスのあるお客さんは離れていっちゃうと思うんです。 (漫才師は)お客さんの一歩、半歩前をいかないと、
    お笑いというのはダメになっていくから、ちゃんと玄人の人が、判断した方がいいと僕はずっと言い続けている」

    https://tocana.jp/2014/12/post_5432_entry.html

    【松本人志さん「客にウケる漫才を評価したらあかん。お笑い玄人が良いと思えるものを評価せんと」】の続きを読む

    1: 2019/12/14(土) 22:18:42.18 ID:dH4axsNY9
    14日放送のTBS系「炎の体育会TV SP」(土曜・後7時)に、ダウンタウンの松本人志(56)が「体育会TV軍助っ人ゲスト」として初出演、ベンチプレスに挑んだ。

    この日はスキージャンプの小林潤志郎(28)、小林陵侑(23)、小林龍尚(18)の小林3兄弟からなる「最強スキージャンプ軍」と「体育会TV軍」が3番勝負を展開。
    松本は「ベンチプレスVS垂直ジャンプ」と題した勝負に出場した。

    体重65キロの松本が95キロのバーベルを上げるごとに、高さ90センチの回転バーを4回ジャンプする“異種耐久対決”。
    この勝負で、松本は予想を上回る26回連続でベンチプレスをさせたが、龍尚は104回ジャンプを成功させ、松本が先にギブアップ。惜しくも敗れた。

    しかし、56歳の驚異のパワーに、MCの今田耕司(53)らは「バケモノです」と大盛り上がり。
    松本はぐったりした表情で「どういうこと?」と龍尚に驚きながら、最後は胸筋をピクピクさせながら「ノーギャラやからね」と笑わせた。

    さらに、番組名こそ出さなかったが、自身がMCを務めた同局系「クレイジージャーニー」が不適切な演出の発覚で、放送休止から打ち切りとなったことに触れ「(体育会TVの)レギュラーにしてもらおうかな。
    TBSで番組1個減るから」と、軽く“ぶっこむ”ことも忘れなかった。

    松本のベンチプレスでの奮闘にツイッターでは「まっちゃんスゲー」「松本さん95キロのベンチプレスあげてるけど、その辺の56歳にはあがらないぞ。
    その辺の20、30、40でも上がらないか。すごすぎる」などの声が並んだ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17527176/
    2019年12月14日 21時58分 スポーツ報知

    no title


    no title

    no title

    no title

    no title

    【松本人志、ベンチプレス95キロを26回に驚きの声 「レギュラーにしてもらおうかな。番組1個減るから」】の続きを読む

    no title
    1: 2019/12/08(日) 12:22:46.31 ID:SuD4LglO9
    https://news.mynavi.jp/article/20191208-935027/
    2019/12/08

    お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、8日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~11:15)で、クイズ番組を好まない理由を明かした。

    OECD(経済協力開発機構)が世界の15歳を対象にした調査で、日本の読解力が低下していることが明らかになった。松本は今月3日、ツイッターで「日本の子供達の読解力が世界的にみて劣ってるらしい」「学校の授業に大喜利を取り入れるのも良いかもよ。マジで」とツイートしていた。

    番組内でこのことが話題になり、松本は大喜利を提案したことについて、「それが全部の解決にはならないですよ」と前置きし、一部から寄せられた否定的な意見に対して「『大喜利は別に読解力に関係ないと思います』という読解力のない人に言われるという……」と吐露して笑いを誘った。

    さらに、「答えのないものが、たぶん役立つと思うんですよ」と続け、「クイズ番組とかあまり好きじゃないのはアホというのもあるんですけど、答えがあるものにあまり興味がなくて」と説明。「自分の答えを出せるものが、そういうのを鍛えられるような気がするんですよね」と私見を述べていた。

    【【ワイドナ】松本人志、クイズ番組を好まない理由「答えがあるものに興味がない」「自分の答えを出せるものが読解力を鍛えられる」】の続きを読む

    このページのトップヘ