当サイトはネット上、主に5ch(5ちゃんねる)や2ch.sc、twitter等で話題のニュースや芸能情報、アニメ・ゲーム情報を画像や動画を交えて紹介するまとめブログです。

    紅白歌合戦

    no title
    1: 2018/11/22(木) 21:37:31.21 ID:CAP_USER9
    コラム【芸能界クロスロード】

    目玉なき平成最後の紅白 NHKがすがる歌以外の“隠し玉”

    「紅白」の司会者に続き出場歌手が発表された。

    「なぜこの人が選ばれた」「なぜあの人は落ちた」と、毎年お馴染みの突っ込みも入るが、選ぶのはNHKの一歌番組。追及したところでむなしいだけ。それでも年々の傾向から見えてくるものがある。出場者の若返りだ。

     かつて出場者の主力だった演歌歌手が今年は男4人女6人。肩身の狭くなる演歌界。このままなら数年で演歌歌手は消滅する。逆に毎年のように「この歌手は誰?」と高齢者たちが首をかしげる歌手がいる。まさに世代間のギャップがくっきり。

     しょせん、高齢者と若者が共に納得できる歌手で占める選出など無理なこと。それでも以前は、前半はAKB48ら若者向けの歌手。後半は年配者向けの歌手と懐かしのヒット曲。まるで視聴者の入れ替え制のようでも、番組構成のバランスは保たれていた。そのバランスも年々、崩れてきている。

    「演歌や歌謡歌手が多かった時期があったが、結果、紅白の若者離れが始まった。離れた若者を呼び戻すには若者が支持する歌手の出場は不可欠」(NHK関係者)

     すでに69回を迎えた紅白。長寿番組を継続するにはマンネリ化対策は必要。司会者、歌手の若返りは同時に視聴者の新陳代謝も図っているかのよう。長く番組を続けるには、中高年が当時好きだった歌手と共に紅白を見続けてきたように、若者にも紅白を習慣づけしなければならない。若者を意識した番組作りが出場者の変化に表れている。

     恒例の初出場も今年は「紅組2・白組4」いるが、音楽界の思惑もある。

    「CDが売れない時代でも若者は好きな歌は買う。紅白に出場すれば、CDの売り上げにもつながる。初めて紅白で歌を聴く高齢者にも認知され、来年の人気やヒットにも好影響を与える可能性も出てくる」(音楽関係者)

     かつて演歌歌手は「紅白」出場によって、翌年は全国の営業が増えた。

    「1曲のヒット曲と1回の紅白出場で家が建った」と言われたこともあり、新人歌手は「目標は紅白出場」が合言葉だった。今はベテラン歌手も紅白出場が営業にもCDの売り上げにもなかなかつながらない時代。紅白は歌手としてのステータスに過ぎない。逆に若手歌手にとって「紅白」は来年につながっている。若者の視聴者を取り戻したいNHKの思惑とも一致している。あおりで演歌歌手が減り、代わりに出場する若手がいる。スポーツ界、政界に世代交代があるように、紅白も世代交代が確実に進んでいる。

    (二田一比古/ジャーナリスト)

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15632532/

    【【紅白】“世代交代”の波... 数年で演歌歌手は消える?視聴者取り戻したいNHKの思惑...】の続きを読む

    1: 2018/01/10(水) 20:56:19.00 ID:CDv5Plkh0
    「今回の紅白一番のアクシデントといえば、欅坂46の娘さん達の過呼吸ドミノ失神であろう。
    確かに運動量は多いかもしれないが。
    メリハリ強めの志村けんの「変なおじさん」といった佇まいの、あの程度の踊りで過呼吸とは。
    口パクで声も出してないのに。不可解オブ・ザ・イヤー2017」(今井舞)

    no title

    https://www.youtube.com/watch?v=JpDkh0wmmc8


    【文春「欅坂46(笑)「変なおじさん」程度の踊りで過呼吸とは(笑)」】の続きを読む

    1: 2018/01/01(月) 15:34:30.49 ID:CMuJobt30 BE:468394346-PLT(15000) ポイント特典
    no title
    2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて「夢を歌おう」を掲げて放送された2017年の
    「第68回NHK紅白歌合戦」。ドタバタだった16年に比べれば、はるかにまとまった
    印象を残したが、相変わらず審査方法が分かりづらいなど課題も残した。
    東京・渋谷のNHKホールで取材した記者が、舞台裏とともに振り返る。

    「223万7644対143万2371」と80万票を超える大差で白組が勝ったが、
    それほどの大差がついたのだろうか。
    なにしろ、会場の観客とゲスト審査員が掲げた票の差は200票超だった。
    これに視聴者投票が加わったとたん、80万票もの差に変わってしまったのだ。
    公共放送のNHKが、視聴者の声を重視する姿勢は理解できる。だがデータ放送を使っての
    投票は、対戦ごとにできるため、“視聴者審査員”は1人で最大22票を行使できてしまう。
    これに対し、会場審査員とゲスト審査員は全ての対戦が終わった後に1票しか投じられない。

    データ放送による投票は、出演歌手の人気投票の側面もある。会場審査員やゲスト
    審査員では覆せないような偏った差がつくこともありうる。

    この方式を続けるなら、ゲスト審査員は、審査員ではなく単なるゲストとすべし。
    あくまで、これからも「紅白歌合戦に“合戦”としての面白さを求める」前提に立つなら、
    審査方法にはまだまだ再考の余地ありだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180101-00000527-san-ent

    【【悲報】紅白歌合戦の審査、ジャニオタのせいでもう滅茶苦茶…】の続きを読む

    このページのトップヘ