当サイトはネット上、主に5ch(5ちゃんねる)や2ch.sc、twitter等で話題のニュースや芸能情報、アニメ・ゲーム情報を画像や動画を交えて紹介するまとめブログです。

    結婚

    wedding_tegami
    1: 2017/11/29(水) 13:18:52.46 ID:CAP_USER9
    新郎新婦の幼少時から大人になるまでの姿を役者が演じ、思い出を再現する結婚式のサプライズ演出が人気を集めている。
    名付けて「メモリプレイ」。福岡市の企画会社が発案し、全国40都道府県、計450組で行った。
    タイムスリップしたような光景に9割以上の親が涙するという。
    価値観が多様化する中、感謝の伝え方にもさまざまなスタイルが生まれている。

    北九州市の結婚式場。式の終盤、舞台に並ぶ新郎新婦の両親の前に、男の子が現れた。
    幼少時の「新郎」役だ。「ただいま~。いってきます! 何、ママ? わかっとおっちゃん、帰ってから(宿題)するけん」

    当初は目を丸くした新郎の両親だったが、かつて「わが子」と交わした会話だと察し、うなずいたり、涙ぐんだり。
    次は小学生の「新婦」役が登場。当時、夢中になった「モーニング娘。」を歌って踊る。

    中学時代の「新郎」役は中学1年のとき亡くなった2歳上の兄への思いを、中学時代の「新婦」役は同級生から受けたいじめを語る。
    「ママが、いじめた子たちに『あんたたち、何かしたら許さんけんね』って。
    そうしたらね、いじめが終わったんだ。ママは私のスーパーヒーローなんよ!」

    登場した演者は計6人。最後に、本物の新婦が感謝の手紙を読み上げた。場内は涙と笑いに包まれた。

    仕掛け人は企画会社「サプライズモール」の村部大介社長(36)。ウエディングプランナー時代、式場がざわつく中で新婦が
    手紙を読み始める場面に眉をひそめたのがきっかけだった。「新婦の手紙が際立つ演出をしたかった」
    メモリプレイは2013年から。脚本は新郎新婦からの聞き取りを基に作成。芸能事務所に勤務した経歴を生かし、
    プロや同社専属の役者の中から新郎新婦に似た雰囲気の人を選ぶ。方言や親に抱きつく時の目線など細かな演技指導も。
    これまで15回演じた佐賀県鳥栖市の田中未彩さん(23)は「新郎新婦さんの大切なストーリーを一語一句漏らさないように伝えようと、毎回緊張します」。

    動画サイトに投稿されると、「泣ける」と反響を呼び、計346万回以上再生された。
    九州大大学院芸術工学研究院の大島久雄准教授(演劇学)は「役者と、それを見て涙するご両親や新郎新婦が一緒になってステージを作り、
    招待客を感動の渦に巻き込んでいる」と指摘する。

    6人の役者が出演する7分間で26万8千円(税抜き)。安くはない。人気を集める理由は何だろうか。

    昨年10月に結婚式でメモリプレイを行った北九州市の三与木絵奈さん(25)は「一般的には新婦だけが感謝の手紙を読むけれど、
    新郎も感謝の気持ちを伝えていいんじゃないかと思った。堅苦しくない式にしたくて、お願いしました」。

     結婚式のトレンドは、新郎新婦がゴンドラに乗って登場するなど盛大な演出の「ハデ婚」(1980年代のバブル期)、2人だけで挙式をするなど、
    お金をかけない「ジミ婚」(バブル崩壊後の90年代)、東日本大震災などの影響で、大切な人に感謝を伝えることに重点を置いた「アットハート婚」(2010年代)と変化してきた。

     結婚情報誌「ゼクシィ」編集部によると、最近は出会い系サイトで知り合ったことを堂々と紹介したり、ペットに永遠の愛を誓ったりと、二人らしさを重視する「ありのまま婚」がトレンドという。
    編集部は「終身雇用が崩れるなど既成概念が揺らぎ、今は自由に生き方を選ぶ時代。結婚式の演出にも反映されているのではないか」としている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171129-00010003-nishinpc-soci

    【新郎・新婦の幼少時から大人になるまでの姿を役者が演じ、思い出を再現する結婚式のサプライズ演出が全国で人気 9割超の親が涙する模様wwwwwwwwwwww】の続きを読む

    wedding_tegami
    1: 2017/11/26(日) 10:51:48.22 ID:CAP_USER9
    東洋経済11/26(日) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171126-00198438-toyo-soci

    「未婚化」「晩婚化」が叫ばれて久しい日本。平均初婚年齢は男性31.1歳、女性29.4歳で20年前と比べて約3歳上昇しています(厚生労働省、2016年度「人口動態統計」)。その中で、男女交際・結婚への意識にはどのような傾向が見られるのでしょうか。
    平均初婚年齢である30歳前後のアラサー世代の結婚についての意識を、これまで紹介してきました(2017年9月3日配信「アラサー女性の結婚阻む『もっといい人が』病」など)。
    アラサー世代の結婚の意識に続き、平均初婚年齢を過ぎた年齢層から、生涯未婚率の基準である50歳を過ぎた年齢層までを対象に行った調査の結果を4回に分けてご紹介します(本記事は第2回。前回は「結婚適齢期を過ぎた男女が持つ『未婚観』」)。
    今回のテーマは「結婚に対する理想と条件」についてです。

    なお、本稿記載のデータは、(株)明治安田生活福祉研究所が行った「35~54歳の結婚意識に関する調査」、および「男女交際・結婚に関する意識調査」の調査結果を使用しています。

    ■女性のほうが結婚をあきらめる時期は早い

     35~54歳の未婚者に対して、結婚に対する気持ちを尋ねたところ、「結婚したい気持ちはあったが、今ではあきらめている」の割合が、男性32.2%、女性36.2%とそれぞれ最も高くなりました。

     年齢層別に見ると、男性は40代後半以上、女性は40代前半以上で約4割を占めています。40代前半では女性と男性の差が7.4ポイントと最も大きくなっています。

    【【悲報】「妥協して結婚」した人の半分は後悔しているらしいwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ