当サイトはネット上、主に5ch(5ちゃんねる)や2ch.sc、twitter等で話題のニュースや芸能情報、アニメ・ゲーム情報を画像や動画を交えて紹介するまとめブログです。

    芸人

    1: 2017/12/06(水) 07:40:14.99 ID:U/znO8Nta
    「女芸人No.1決定戦」組み合わせ決定 副音声は松本人志らが担当

     “一番オモシロイ女性”を決める「女芸人No.1決定戦 THE W 2017」(日本テレビ系、11日後8・00)のファーストラウンドの組み合わせが決定した。

     ファーストラウンドは決勝進出者10組が1対1で対戦し、勝者の5組がファイナルラウンドに進出。
    対戦カードは「はなしょーVSニッチェ」「アジアンVS紺野ぶるま」「中村涼子VS牧野ステテコ」「まとばゆうVS押しだしましょう子」「どんぐりパワーズVSゆりやんレトリィバァ」に決まった。

     審査員は柴田理恵、新川優愛、生瀬勝久、ヒロミ、吉田沙保里、若槻千夏のゲスト審査員6人と、番組ホームページで募集した一般審査員395人の計401人。
    ファーストラウンドは対戦の2組を2択で審査、ファイナルラウンドは勝ち上がった5組の中から一番面白かった1組を5択で審査する。ゲスト審査員も一般審査員も同じ1票となり、より多くの票を集めた1組が初代「笑いの女王」となる。

     また、副音声をダウンタウンの松本人志と放送作家の高須光聖が担当することも発表された。放送中、番組公式ツイッターで視聴者からの質問などを募集し、その質問に答えるコーナーも検討中という。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000000-spnannex-ent

    【【悲報】女芸人の大会、審査員がやべーやつだらけwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 2017/10/23(月) 19:58:53.06 ID:CAP_USER9
    お笑い芸人のビートたけしさん(70)が「唯一負けたと感じた天才芸人」として、お笑い芸人の明石家さんまさん(62)の名前を挙げたことについて、さんまさんは「めっそうもない」と謙遜した。

    たけしさんは、さんまさんについて、「面白いというレベルじゃない、こいつには絶対敵わないと思った」などと語っていた。

    ■「たけしさんの嘘」

    2017年10月18日放送のバラエティ番組「1番だけが知っている」(TBS系)に出演したたけしさんは、さんまさんのアドリブと切り返しのすごさについて賛辞を送った。「テレビの時代では1番すごかったというか、ショックだった」という。

    ふたりが共演したコント番組「俺たちひょうきん族」(フジテレビ系、1981-1989年)では、さんまさんが「相手のミスも自分のミスも全部笑いに変えていく」ことから、たけしさんは初めてツッコミに回ろうと思ったという。実際当時の番組で、たけしさんが

    「俺がなんでお前のツッコミに回んなきゃいけねぇんだ、コノヤロー」

    とツッコミを入れるシーンも放送された。

    さんまさんはたけしさんのこの発言について21日のラジオ「MBSヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)で言及し、

     「これはたけしさんの本当の言葉じゃなく、気を遣って。戦友への優しさの言葉やと思うねんけど」

    とコメントした。

    「こいつには敵わねぇ」と言えるのはたけしさんが「大人」だからであり、

     「俺はもう、たけしさんの背中しかまだ見えてないからね。勝ててるわけがないですよ。俺はもう全敗してる、たけしさんには」

    と恐縮した。そして「同じ戦場で戦った戦友の優しさの言葉で、決して真に受けないで」と呼びかけ、「私はまだ、たけしさんの背中を見て生きている人間ですから」と、今でも追いかける存在であると明かした。

    「言っていただいてありがたい」と感謝するも、「めっそうもない」「まだまだ」と謙遜し、「たけしさんの嘘やな」と語った。

    たけしさんの褒め言葉を謙虚に受け止めるさんまさんに対し、他の出演者から感心する声があがると、「今の俺、かっこよかったよな?」と見事な切り返しをみせて話を締めくくった。

    10/23(月) 19:43配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00000015-jct-ent

    写真
    no title

    【ビートたけしと明石家さんま、どっちが凄いの?】の続きを読む

    このページのトップヘ